トランペットで綺麗な音色を手に入れるために

トランペット
スポンサーリンク

みなさん、こんばんは!
トランペット奏者の中村駿介です。


本日は『トランペットで綺麗な音色を手に入れるために』というテーマで話をしていきたいと思います。


さて、先日こんなツイートをしました。

「自分の音をちゃんと聴いているか」
と質問するとほとんどの生徒の場合はわからないと返ってくる。

音量や音色が途中で変わってしまったり、音の移り変わりに段差があったり…
という良くない状態にほとんど気づけていない。

自分の音や自分自身に向き合って練習する生徒は加速度的に上達する。


良い音色で吹きたい!良い音を出したい!
漠然と思っている人は多いのですが、そのために何かに取り組んでいる人はいるでしょうか。


僕がこれまで教えてきた生徒の中で、音色が良くなっていく人たちの共通点を考えてみると以下のようなことが分かってきました。


本日はこれらを深掘りして解説していきたいと思います!

音色を良くするには自分の音と向き合う

結論から伝えますが、自分の音をちゃんと聴いていない人の音色は良くなりません。
なぜなら、音をよく聴かないと改善ができないからです。


今まで出会ってきたほとんどの生徒は「自分の音をちゃんと聴いているか?」と聞いても答えられませんでした。では自分の音をよく聴くとはどういうことなのでしょうか。

変化に気づく

ロングトーンでも、スケールでも、リップスラーでも、様々な練習の中でしっかりと音を聴いていきましょう。そして、自分の出している音の変化に気づけるようになっていくと、良い音色に少しずつ近づいていきます。


チェックするポイントは

  • 音色が変化していないか
  • 響きが薄くなっていないか
  • 音量は変わっていないか
  • 音の移り変わりは全ての音で滑らかであるか

などなど。


それぞれの練習の目的が達成されているかを考えると同時に、細かい部分まで音をよく聞いていきます。


この細かい部分に「気づくことができる」人は上達していく人です。逆に何も意識せずに「気づくことができない」人は残念ながらなかなか上達しません。


まずは「気づくことができる」人になるように意識しましょう。

違いは分かるけど全然音色が良くならない!

気づいているけど良くならない!という人も中にはいると思います。
安心してください、そのままで大丈夫です。


なぜかというと、聴き続けることで徐々に変化が現れるからです。


2,3日で音色が劇的に改善する人も中にはいますが、それはとても珍しいケース。ほとんどの人は、ダイヤの原石を磨くように時間をかけて良くなっていきます。


私も同じでした!
「先生のような優しい音色で吹けるようになりたい」と言ってくれる生徒もいますが、私も最初からこの音色で演奏できたわけではありません。


地道にコツコツ自分の音と向き合ってきた結果、今の音色を手に入れることができました。


上達しようと思ったら自分の音をよく聞いて、常に良い音で演奏しようと心がけることが大切ですね。

良い音のイメージを持つ

ここまでを理解できた人は、今すぐできることを1つ提案したいと思います。
それは自分の中で良い音のイメージをもつこと。


人間は目標を持てば、頭が勝手にそこに近づこうとします。逆に目標が無ければ、どこに向かっていけばいいかわからず、絶対にその場所へはたどりつけません。


言い換えると、山の頂上へ向かうための地図を準備するようなものでしょうか。

エピソード「音が似てきたと思ったんだ」

昔、私が聞いた話をひとつお話しておきましょう。


とある学生○○さんはAさんという外国人プレイヤーの音色が大好きで、毎日そのCDを聴きながら生活をしていたそうです。そんなある日の、レッスンの先生との会話です。

先生
先生

○○さん、もしかしてAさんのホルンが好きなの?

○○さん
○○さん

言ったことないのになんで知っているのですか!?
以前からとっても好きなプレイヤーで、毎日CDを聞いています!

先生
先生

やっぱりそうだよね!
最近○○さんの音がAさんの音に似てきたと思ってたんだ。
これからも良い音を目指して頑張ってね。


とっても素敵なお話だと思いませんか?笑
このストーリーからも分かるように、良い音のイメージを意識して毎日を過ごせば、必ずそこに近づこうと頭が働いてくれます。ぜひあなたも、明日から実践してみてください。

YouTubeでたくさん良い音を聴いているよ!

そんな意欲的なあなたにはもう一点アドバイス。その中でもお気に入りのプレイヤーを見つけてみてください。


多くて3人に絞ってみると良いと思います。あなたの中で目標がさらに明確になるはずです。


良い目標をしっかりと耳に焼き付けることで、そこに近づくスピードを速めていきましょう。

まとめ

それでは、本日のまとめです。


・音色を良くするには自分の音としっかり向き合うこと!
ポイントをチェックしながら、自分の音に少しずつ磨きをかけていきましょう。そうしてより良い音を目指してください。


そしてこちらはすぐに実践。
・自分の中で良い音のイメージを持ちましょう!
目標(向かうべき地図)を持って、最短のルートでそこに到達できるように頑張ってみてください。


さて、私のブログでは今後もトランペットに関する練習方法や、練習の考え方などを発信していきます。最新の情報はTwitterで配信しますので、ぜひページ下部からフォローをお願いいたします!


それでは、今日はこの辺で…

コメント

タイトルとURLをコピーしました